☆なし

半落ち

寺尾聰主演、柴田恭兵、原田美枝子、吉岡秀隆ら実力派が脇を固める。典型的な日本の映画っぽく他にもやたら有名な役者をいっぱい使ってる。
この映画はどちらかというと必要最低人数が揃ってれば完結してしまう内容なのに、そこで話題を取ろうとしないで中身で勝負して欲しかった。

☆なし

ところで「半落ち」とは警察用語で一部自供している状態のことだそうだ。

うんうん、それは普通になるほどな!だな。

この映画の最大の見せ場は妻を殺してから出頭するまでの2日間に何があったのか?ということなんだが・・

一般の評価の悪さはその内容にある。

臓器移植をした少年に迷惑をかけたくないから「半落ち」だったと、そういうこと。

弱いな〜それじゃ弱いよ〜

確かに少年側からすれば自分に臓器を提供してくれた人が殺人犯っていうのは知らない方がいいんだけど・・

ちょっと弱いな〜


☆なし

ネバーランド

ほしなし

ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いたヒューマン物語。
ジョニーデップ主演、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンと演技派のスターが脇を固め、興味深く拝見したが、なんというかミスター実話というか、実話をたんたんと追ってるだけで、まったく面白くない。

いくら実話でももっと見せ場や盛り上がりポイントを作ってほしかった。


☆なし

プリンセストヨトミ

☆なし

駄作にもほどがある。小金が儲かればいいという程度で、ほんと映画作んないでほしい。だから邦画はだめだと言われるんだ。


☆なし

コナン・ザ・グレート

アーノルド・シュワルツェネッガー主演(1982年作)

☆なし

ちょっと古めの映画。
シュワちゃんの出世作といったところか。
内容は両親を殺されたコナンが成長して立派な剣士となって、妖術使いにあだ討ちするというもの。
ちょっと映像がグロインだよな〜。嫌な人は嫌だろうな〜。
仲間達との関係性などもう少しはっきりしてほしいかな。全体的にいまいちでした。

☆なし

ゴールデンスランバー

首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの物語

☆なし

逃避行というか近所を逃げ回ってるだけだし、何でぬれ衣を着せられたのか、誰が
黒幕なのか、濱田岳と柄本明の役柄は意味わかんないし、吉岡秀隆をちょい役で使うなよ。

永島敏行も発砲しすぎだろう。永島敏行と濱田岳はどういう関係なんだ。

非常につまらない映画である。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。