邦画☆

手紙

東野圭吾のロングセラー小説を映画化。

山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ



沢尻が壊れる前の作品なので普通にかわいいなーって見とれてしまう。
役柄もすごくいい人だし、演技も完璧でこの映画の唯一良いポイントだ。

何であんなに暗い山田に沢尻がしつこくつきまとっていたのかすごく不自然。
現実の世界では全く持ってありえない。
であれば幼馴染とかの設定のほうがよかったような。

山田、玉山の兄弟は全く似てないので実感が最後まで持てず。
漫才が下手すぎて、相方がその後売れたみたいだけど、あれで売れるなんて
今の芸人に失礼すぎ。

吹越満は佐野史郎みたいになってきたな。

いずれにしてもやや感動する2時間ドラマっていったところだ。


タグ:沢尻エリカ

邦画☆

ダウト 〜あるカトリック学校で〜

オスカー俳優のメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンが、鬼気迫る演技でぶつかりあ合う舞台劇。



舞台劇を映画化しただけあってセリフ中心。
一度疑惑を募らせたら何が何でも(どんな手段を使っても)自分の主張を押し通す(正当化しようとする、といったとこかな)。人間の闇にスポットが当たってる。

この物語が奥が深いのは、人はたたけばほこりが出るというところも
表現しているところ。

暇なときに見る分にはいいかも。


邦画☆

ゼロの焦点

広末涼子、中谷美紀、木村多江



中谷美紀が登場したときに最初は「こいつ犯人くさいなー」と匂わせといて、実は違う人物が犯人というパターンが多いのだが、この映画はすんなり中谷美紀が犯人だったので推理物にしてはだめでしょう!

たぶん、松本清張が悪いんでなく作り手が悪いのでしょう。

それからネタばれがあっというまに終わってしまい、(犯人の推理があっさりともしくは淡々と終わってしまい)その後が長くあきた。

たぶん、昔から何度も放映されてる物語なので内容は知っているという人も多いからでしょう。

というわけで役者の演技力が問われるわけですが、中谷美紀以外存在感を出せた役者はいなかったような。

ただ昔の町並みなど情緒豊かで映像は良かったよ。


邦画☆

連理の枝

韓国映画、チェジウ出演



夫婦のように中睦まじい様子

よくありがちな展開。

前半、男女の出会い、いちゃいちゃ。後半、女性が不治の病、だけど男は女性を愛し通す。唯一オリジナルが実は男も余命あとわずかだったってとこ。

ストーリーに斬新さ新鮮さ面白みまったくない。
典型的な韓国ドラマが好きな人以外はよくないかも。

こういう映画みたいなら「私の頭の中のけしごむ」をオススメします。あちらはすごく泣けます。

邦画☆

アンフェア the movie

篠原涼子主演



ある程度こんなもんだろうという予測のもと、見てみたが予測どおりの展開。
出番の少なすぎの加藤ローサと意味不明の役の加藤雅也はなんだったの?
ていうか最後内通者は誰か地下まで降りて見に行くよりも、自分の子供助ける方優先しろよ!

成宮も最後かっこいい死なせ方させてやれよ!
東京都民の80%が1週間で死んでしまうという非常事態の割りに緊迫感がぜんぜんないよ〜

突っ込みだしたらきりがないですね。この手の映画は。
これが篠原涼子だから見たようなもんで米倉涼子だったら絶対見なかったな。そんな作品。
タグ:篠原涼子

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。