邦画☆

手紙

東野圭吾のロングセラー小説を映画化。

山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ



沢尻が壊れる前の作品なので普通にかわいいなーって見とれてしまう。
役柄もすごくいい人だし、演技も完璧でこの映画の唯一良いポイントだ。

何であんなに暗い山田に沢尻がしつこくつきまとっていたのかすごく不自然。
現実の世界では全く持ってありえない。
であれば幼馴染とかの設定のほうがよかったような。

山田、玉山の兄弟は全く似てないので実感が最後まで持てず。
漫才が下手すぎて、相方がその後売れたみたいだけど、あれで売れるなんて
今の芸人に失礼すぎ。

吹越満は佐野史郎みたいになってきたな。

いずれにしてもやや感動する2時間ドラマっていったところだ。


タグ:沢尻エリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/321894915
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。