洋画☆☆☆

ヘアスプレー

2007年大ヒットミュージカルを映画化した作品
時代背景は人種差別が残る60年代。
ジョントラボルタがヒロインの母親役という事でミセスダウトも真っ青の女装姿が気持ち悪い(笑)

☆☆☆

非常に見やすい作品でミュージカル映画が好きな人は絶対気に入るはず。
私はあまり好きではないのだが、最後まで飽きることなく見ることが出来た。
そして主人公の女の子はデブでブスで空気の読めないアホな女の子なのだが、すごく純真で素直でまっすぐ、そして何よりも明るい生き方がものすごく好印象。

デブでこんなに好印象はハリセンボンの近藤はるな以来だ。

同年代の女の子がこの映画を見ればすごく勇気付けられるだろう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。