洋画☆

チャーリー

喜劇王チャーリー・チャップリンの生涯を描いた作品。



ロバート・ダウニー・Jrがチャップリンに扮していましたがチャップリンの役はまさにこの人しかいないだろうなーという名演技。

チャップリン好きにはいいかもしれないが、チャップリンのことが好きではない人にはやや楽しめない内容か。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306204823
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。