洋画☆☆

招かれざる客

1967年という古い映画

☆☆☆

黒人が白人女性と結婚を近い白人女性の両親に会いに実家を訪れる話。
やがて黒人のほうの両親も白人宅にかけつけ両家の家族会議が開かれる。

全然差別的な人たちでもないし、差別を助長するような内容でもないのがなんとも良い。
差別はしないけど、いざ自分の息子、娘が目の当たりにするとなると、親としては複雑ですよね。
ましてやこの時代。

幸い理解ある両家の両親でよかった。

白人女性ジョーイを演じていたC・ホートンも良かった。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。