洋画☆☆☆

アバター

こんなスゲェー映画初めて見た。伊達に観客動員数ナンバー1じゃないね。

☆☆☆

殿堂入りしないわけはリアルすぎて気持ち悪くなったのと、CGに頼りすぎ、やや長すぎで途中中だるみしてしまった点。

アバターみたいなことは100歩ゆずってあったとしてもエイリアンに恋に落ちないだろう。想像したらほんと気持ち悪くなったよ。

最後の戦闘シーンはもうオンラインゲームの世界ですね。

時代が新しくなってこういう映画はいくらでも作れるようになっていくと、映画の良さがなくなる寂しさもありますね。

「恋に落ちて」や「ユーガットメール」「ノッティングヒルの恋人」みたいな王道映画こそ評価したいな。

ゲームはゲーム映画として別ジャンルでやってほしいっす。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。